企業概要

法人の概要

運営法人名 一般財団法人富山勤労総合福祉センター
主たる事務所 富山県富山市吉作4103番地の1(呉羽ハイツ所在地)
設立年月日 昭和46年10月1日
決算日 3月末日
法人の事業目的 勤労者の福祉に関する事業を総合的に行い、もって勤労者の福祉の向上に寄与することを目的として、
次の事業を行う。
  1. 呉羽ハイツの運営管理
  2. とやま自遊館の運営管理
  3. 勤労者の教養・文化の向上及び健康増進等のための諸事業
  4. 関係官公庁からの委託を受けて行う業務及び施設の運営管理
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
基本財産 38,000千円 (出資者:富山県50%、富山市50%)
役員 理事長:山崎 康至(富山県副知事)
副理事長:今本 雅祥(富山市副市長)
その他理事6名、監事3名、評議員6名

施設の概要

設置の沿革

勤労者の福祉を向上させ、勤労意欲の高揚と雇用の安定を図ることを目的に、国の労働保険特別会計の資金を原資に、全国で研修、教養・文化、体育又はレクリエーション機能を持つ福祉施設が設置されている。そのうち都市型の勤労者総合福祉施設(B型)である「とやま自遊館」は、全国で8番目の勤労者総合福祉施設として平成9年4月にオープンした。

設置の趣旨

勤労者総合福祉施設の利用価値を高めるため、複合的機能を有することが望ましいという方針を受け、職業相談、職業情報提供、教養・文化、研修、スポーツ、健康維持・増進等のメニューを選択して多目的な機能を持つ複合的施設として設置された。

施設の特徴

  1. 建物外壁を英国産レンガを用いているほか、海外の建築材料、外国産の家具等を使用し、個性的な雰囲気を造りだしている。
  2. 富山県民共生センター(サンフォルテ)と渡り廊下(2階)でつながっており、両施設の有機的連携を図ることが可能である。
  3. 館内には、県内著名作家の絵画、彫塑、工芸、書及び写真が多数展示され、美的雰囲気を醸し出している。
  4. ロビーは、3階までの吹き抜けとなっており、レストラン入口に設置してあるディスクオルゴールが奏でる50曲の音色が響き渡る。
  5. 富山県及び富山市が周辺で整備している富岩運河環水公園、親水広場及び富山市総合体育館等と有機的な発展が期待されている。

施設の内容

鉄骨、鉄筋コンクリート造地下1階、地上7階
建築面積 3,368㎡  延床面積 11,460㎡

1階
  • 自遊館ホール  講演会-客席 最大450席、宴会-立食 最大500名
  • レストラン<シャトー> 130席
2階
  • オフィスフロア
    ヤングジョブとやま、とやまシニア専門人材バンク、富山わかものハローワーク、富山県インターシップ推進センター、自遊館事務所
  • 宴会場・会議場 洋室2部屋
3階
  • 宴会場・会議室(洋室4部屋 和室1部屋)
4階
  • 宿泊フロア 40室(シングル 28室 ツイン 9室 和室 3室)
5階
  • フィットネスジム、スタジオ
6階
  • 温水プール 2コースの他 ワークプールなど
7階
  • 展望デッキ
駐車場 180台(有料)